Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

みみ

症状

鼻水が出る、鼻が詰まる、鼻血が出る、鼻(の入り口)が痛い、鼻に何か入っている、においがしない、頭痛、頬、目の奥の痛み

病名

  • アレルギー性鼻炎

    アレルギー体質に伴い、花粉やダニ、ハウスダストなどをアレルギーを引き起こす原因物質とし(アレルゲンといいます)、鼻炎を引き起こす疾患です。鼻水、くしゃみ、鼻づまりが3大症状です。お薬の内服治療、炭酸ガスレーザーなどの手術治療および免疫療法が主な治療となります。

  • 副鼻腔炎/蓄膿症

    顔には副鼻腔と言われる骨で囲まれた空洞が左右にあります。ここに炎症が起こった状態が副鼻腔炎(蓄膿症)で青ばなやほほの違和感、頭痛などをきたします。慢性化すると痛みはなくなりますが、薬物治療や場合により手術治療も必要となります。

  • 鼻前庭炎

    鼻前庭とははなの入り口のことを言いますが、そこに炎症がおこり、赤くなったり痛みが出たりします。汚い手で鼻いじりをしたり、傷がついたりすることで感染がおこり、炎症をひきおこします。

  • 鼻出血

    鼻からでる出血のことです。鼻の粘膜は血管が豊富な部分があり、そこに傷がついたり、血圧が上昇したりすることでおこります。鼻の入り口に近いところから出血することが多いので、鼻翼(鼻の下の横の方)を両側から圧迫することで、止血できることが多いですが、止まりにくい場合は医療機関を受診されてください。また、繰り返す場合も重大な病気が隠れている可能性がありますので、受診が必要です。

  • 鼻腔異物

    鼻の中に異物が入っている状態で、お子様がおもちゃやおかし、ティッシュなどを入れるパターンが多いです。そのままにしておくと感染し、副鼻腔炎などをきたして悪臭がしたり、汚い鼻汁がでることがありますので、気づかれたら医療機関を受診されてください。

  • 嗅覚障害

    においがしなくなることで、いくつかのパターンにわけられます。におい物質が鼻の中に入ってくると、鼻の上部ににおいを感じる部分(嗅球)があり、そこからにおいの神経から脳につたわっていきます。どの部分が問題かにより対処法は異なりますが、一般には風邪に伴い、粘膜が腫れ、におい物質が嗅球に伝わらなくなるパターンが多いです。ただ、放置すると治りにくくなることがありますので、早期の受診をおすすめします。

  • 鼻副鼻腔腫瘍

    鼻や副鼻腔にできる腫瘍はさまざまなものがあります。症状としては痛み、顔の腫れ、鼻血、鼻水などがあります。いずれにしましても、長く続くようであれば受診をお願いします。