Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

補聴器は購入前に耳鼻咽喉科にきちんと相談!気をつけたい注意点とは?

耳が遠いのは年齢のせいだから仕方ない」と放っておいていませんか?

しかし、加齢性の難聴は、認知症リスクを高めてしまう原因のひとつでもあります。

また、難聴だと思っていたら、思わぬ病気が隠れていたということも珍しくはありません。

今回は、補聴器について、役割や種類、購入の流れ、注意点などを解説しましょう。

補聴器の役割や目的

補聴器は、低下した聴力を補い、コミュニケーションや普段の生活をサポートする役目を持ちます。

遠く離れたところの音や、小さな声を拡大して聞くためのものではなく、日常生活での話し声などをはっきり聞くための医療機器です。

最近では、高性能・高機能な製品も増え、ひとりひとりの聞こえに合わせて柔軟に対応できるようになっています。

補聴器をつけるメリット

「まだそんなに聞こえないわけじゃない」「年寄り扱いされたくない」といった理由で、補聴器をつけるのを敬遠している方も多いですよね。

しかし、聞こえないまま放っておくと、周囲とのコミュニケーションがとりにくくなり、孤立感を深めたり、認知症の悪化につながったりすることも少なくありません。

日常生活において、聞こえに関する不安を感じたら、補聴器をつけることを検討しましょう。

補聴器をつけることには、以下のように多くのメリットがあります。

会話がしやすくなる

もっとも大きなメリットが、会話がスムーズにできるようになることです。

これまでうまく聞こえずに、なんとなく愛想笑いでやり過ごしていませんでしたか?

聞き間違えも多く、会話が噛み合わないということも多くあったはずです。

最近の補聴器は、周りの騒音を抑えて、相手の話し声を強調してくれる機能がついているものもあります。

また、前方からの音を聞き取りやすくする「指向性」という機能がついている補聴器もあり、さらに会話を楽しめるようになります。

テレビや電話の声がはっきり聞こえる

いつのまにかテレビの音量が大きくなっていたり、電話での話し声が聞き取りにくかったりといった不便さも補聴器で解決することができます。

テレビのボリュームのことで、家族に注意を受けたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

また、電話だと相手の顔を見て話せないので、さらに聞こえが悪いと感じることも多いはずです。

補聴器をつけることで、音量は適切な大きさでテレビを楽しめて、電話での会話も弾むことでしょう。

危険を察知できる

聞こえが悪くなっていると、後ろからやってくる車や自転車の音に気づかず、危険なこともあります。

補聴器をつけることで、身の回りに起こる危険を察知でき、未然に防ぐことができます。

補聴器が必要かも、と思ったら

聞こえにくいと感じたら、以下の項目で当てはまるものはないか、チェックしてみましょう。

  • 会話をしているときに聞き返す
  • 後ろから呼びかけられると、気づかないことがある
  • 聞き間違えが多い
  • 話し声が大きいと言われる
  • 見えないところからの車の接近に気づかない
  • 電子レンジなどの電子音が聞こえない
  • 耳鳴りがある

引用元:補聴器を購入する前に|一般社団法人 日本補聴器販売店協会「聞こえチェック」

いかがでしょうか?

1〜2個当てはまる方は、実生活で困ることがあれば、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

3〜4個の方は、耳鼻咽喉科で相談してみましょう。

5個以上なら、早めに受診することをおすすめします。

補聴器を購入する前に

補聴器を購入しようと考えたら、どちらへ向かいますか?

まずは、補聴器専門店ではなく、耳鼻咽喉科を受診することが重要です。

年を重ねて発症する難聴は、加齢性が多いものの、中耳炎によって鼓膜に穴が空いていたり、耳垢が多く詰まっていたり、なかには脳腫瘍が原因のこともあります。

補聴器専門店に先に行くと、それらが見過ごされることもあるため、まずは耳鼻咽喉科を受診し、自分の難聴がどのような種類なのか診断してもらいましょう。

補聴器の種類

一概に補聴器といっても、種類はさまざま。

最近では、デジタル補聴器が主流です。

音声信号をデジタル信号に変換し、マイクロチップ音処理をおこなうため、従来のアナログ補聴器に比べ、聞き取りやすさが向上しています。

ここでは、代表的な補聴器の種類を紹介しましょう。

耳あな型

軽度〜中度の難聴に適しています。

耳のあなに収まるタイプで、小さく目立ちません

帽子やメガネの着用も可能。

ひとりひとりの耳の形状と、聞こえの程度に合わせたオーダーメイドが一般的です。

耳かけ型

中度〜重度の難聴に適しています。

耳の後ろにかけるタイプで、操作しやすく扱いやすい補聴器です。

本体が大きいため、難聴の程度が重い場合にも対応できます。

また、汗が入りやすいのがデメリットですが、最近では汗に強いタイプも多く出ています。

ポケット型

軽度〜高度の難聴に適しています。

本体は胸ポケットなどにしまい、イヤホンとコードをつないで使用します。

操作はしやすいものの、コードが邪魔になることや、きぬ擦れの音が入ることもあります。

補聴器と「集音器」は別物

「すぐ聞こえるようになる」などとうたった補聴器に似たグッズが、新聞広告などに掲載されていたり、電気店などで販売されていたりします。

それらは、「集音器」や「音声増幅器」などと呼ばれるもので、補聴器とは大きく異なるものです。

補聴器は、薬事法で管理医療機器と定められ、効果や安全性など厳しい基準をクリアしたものだけが正式な認定を受け、製造販売することができます。

また、補聴器購入の際には対面販売が基本です。

カウンセリングや聞こえの検査を綿密におこない、聞こえの状況に合わせて調整を繰り返し、自分にあった補聴器を作り上げていきます。

一方、集音器は医療機器ではなく、インターネットや通信販売や電気店などで購入が可能です。

基本的に音を増幅することしかできず、細かな調整などはできないため、ひとりひとりの聞こえの状況に合わせて使うことはできません。

しかし、少し耳が遠い程度であれば、集音器で十分という場合もあります。

気をつけたいのは、集音器を補聴器だと思って使い、思うような効果が得られず「補聴器は効果がない」と思ってしまうことです。

集音器ではなく補聴器なら聞こえがよくなる可能性があるかもしれないのに、使う機会を自らなくしてしまい、暮らしに不便を感じたままになっていることが少なくありません。

また、集音器を使ったら、いきなり大きな音が聞こえてしまい、耳を痛めてしまったというトラブルもあります。

補聴器と集音器の違いを知っておき、聞こえの状況に合わせて選ぶことが重要です。

補聴器を購入する流れ

いよいよ補聴器を購入することになったら、どうすればよいのでしょうか?

まず、耳鼻咽喉科を受診し、診察や聞こえのチェックを受け、補聴器が必要かどうか診断してもらいましょう。

また、病院の中で補聴器の調整ができることも多く、よりその方にあった調整を行うことが可能です。

補聴器を購入する際の注意点

補聴器は安価ではないこともあり、納得のいく製品を選びたいものですよね。

満足のいく補聴器選びのためにも、以下のような点に注意して購入しましょう。

専門医へきちんと相談を

前述しましたが、聞こえに不安を感じたら、耳鼻咽喉科を受診し、相談しましょう

難聴の原因は必ずしも加齢だけではなく、異なる病気が隠れていることもあります。

加齢が原因ではない場合、治療により改善することもあるので、まずは医師に補聴器が必要か不要か、診断してもらいましょう。

また、補聴器外来を掲げている病院に相談してみるのもおすすめです。

家族と一緒に行こう

補聴器の使用がうまくいくかどうかは、家族の協力も大きな鍵となります。

初めて補聴器を購入する際は、聞こえについて理解を深めるためにも、家族と一緒に行くとよいでしょう。

補聴器をつけている人への話しかけ方も教えてもらうことができ、家族で協力して補聴器のある暮らしを支えることができます。

補聴器は調整が大切

補聴器はすぐに購入するものではなく2-3か月調整及び試聴を行いそのメリットを感じられて初めて購入するものです。

補聴器は購入すれば終わりではなく、その後も調整を繰り返すことが必要です。

調整した場所と、実際に使う自宅との環境とは違うため、購入後は違和感を感じることもあるかもしれません。

そんなときは、遠慮せずに調整の依頼をしましょう。

また、上手に使うためのアドバイスやトレーニングなども納得いくまでおこなうことが大切です。

補聴器は慣れるまで時間がかかることもあります。

せっかく購入した補聴器を諦めてしまってはもったいないですよね。

疑問や不安があれば、購入した販売店に問い合わせてみましょう。

まとめ

加齢による難聴は、放っておくと認知症リスクも上がるため、聞こえに不安を感じたら、できるだけ早めに耳鼻咽喉科を受診することがおすすめです。

なかなか補聴器になじめない、うまく聞こえないといった時には、購入した医師や販売店で遠慮なく尋ねてみるようにしましょう。

購入後も調整が必要なことが多く、耳鼻咽喉科と定形しているところを選ぶことも大切です。

補聴器をつけたことで、家族との会話やお出かけを以前のように楽しめるようになった、という方も多くいらっしゃいます。

聞こえに不安があれば、まずは耳鼻咽喉科に相談してみませんか?

シェアする

フォローする