Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

うがいの正しい方法とは?風邪予防には手軽な水うがいが効果的

風邪予防の基本といえば、手洗いうがい。

外から帰ってきたら洗面台に向かってガラガラうがい、という方も多いでしょう。

しかしそのうがいの方法、間違っていませんか?

せっかくのうがいも、やり方を間違うと効果が半減してしまうこともあるんです。

今回は正しいうがいの方法やうがい薬の使い方、近年話題の鼻うがいなどについて解説しましょう。

うがいの効果の仕組み

そもそもなぜうがいは風邪予防に効果があるといわれているのでしょうか?

ヒトののどから肺にかけての気道にあるせん毛には、外から入ってきたウイルスや細菌などの異物が粘膜に付着するのを役割があります。

しかしせん毛は乾燥すると働きが鈍くなり、ウイルスや細菌に感染しやすくなってしまうのです。

乾燥しやすい季節に風邪にかかりやすくなってしまうのは、こんな理由があるんですね。

そこでうがいをするとのどが潤い、せん毛の働きを高めることができるため、風邪を防げる、というわけです。

またのどや口の粘膜に付着したホコリなどを洗い流したり、うがいが適度な刺激となり粘膜の分泌を促したり、などといった効果も風邪を防ぐことにつながっています。

意外と知られていない正しいうがいの仕方

うがいが風邪予防になる、ということは知っていても、意外と知らないのがうがいの正しいやり方です。

なんとなく口に水を含んでガラガラしていればいいのでは? とお思いかもしれません。

あらためて正しいうがいの方法を確認しておきましょう。

  1. 水を口に含み、口を閉じて強くグチュグチュしながら洗い流す(2〜3回)
  2. もう一度水を口に含み、上を向いてのどの奥でガラガラうがい
  3. 10〜15秒ほどして水がぬるく感じたら吐き出す

ガラガラうがいは最低でも3回はおこないましょう。

洗面所にコップを常備している場合は、こまめに洗うことも忘れずに。

うがいをするときの注意点

うがいをするときには以下のような点に注意しましょう。

手洗いを先にするのを忘れずに!

水道から手のひらに直接溜めた水を口に含んでうがいをする、というやり方をしている場合は要注意!

まずは手をきれいに洗ってウイルスや細菌、汚れを落としてから、うがいをすることが重要です。

正しい手洗いの方法も知っておこう

手洗いもうがいと同じように風邪の予防に効果的ですが、石けんをつけただけで終わり! といった洗い方になっていませんか?

手のひらには細かい部分にこそ、バイキンや汚れが溜まっています。

ここで正しい手洗いの方法も確認しておきましょう。

  1. 手洗いの前に指輪や時計などは外しておく
  2. 流水でよく手をぬらす
  3. 石けんを泡立て、手のひら手の甲をよくこする
  4. 指先、爪の間、指の間を念入りにこする
  5. 親指は反対の手のひらを使ってねじるようにして洗う
  6. 手首も忘れずに洗う
  7. 流水でしっかりとせっけんを洗い流す
  8. 清潔なタオルでよく拭き、乾かす

うがいをするタイミング

外出から帰ってきたタイミングはもちろんですが、掃除のあとや口の中やのどが乾燥していると感じるときなどにもおこなうとよいでしょう。

風邪予防には水でのうがいで十分効果的

風邪を予防するための毎日のうがいは、水で十分効果的です。

しかし、うがい薬を使った方が効果があるのでは? とお思いかもしれません。

2005年に予防医療学が専門の京都大学・川村孝教授の研究グループがおこなった臨床実験で、ヨード液うがい薬でのうがいよりも、水うがいの方が風邪予防には効果的であると認められました。

水うがい、うがいをしない、ヨード液うがい薬でのうがいの3つのグループに振り分けたところ、水うがいグループは、うがいをしないグループに比べ、約40%も風邪の発症を抑えました

一方、ヨード液うがい薬でのグループでは、うがいをしないグループに比べ風邪の発症を抑えた割合は、約12%にとどまったという結果になりました。

水でのうがいがなぜ有効なのかメカニズムまでは解明されていませんが、ヨード液うがい薬では、もともと存在する常在菌まで殺菌してしまうことなどが原因ではないかと考えられています。

つまり風邪予防を目的とした毎日のうがいは、水で十分に効果があり、無理にうがい薬を使う必要はないということです。

うがい薬は使い分けよう

それでは市販のうがい薬は使う必要はないのでしょうか?

基本的には風邪予防には水でのうがいで十分と考えられますが、風邪をひいてのどが痛むときなどには、上手に使うとよいでしょう。

うがい薬には大きく2つの種類があり、それぞれ以下のような特徴があります。

表1

病院でうがい薬を処方されたときには、医師や薬剤師の指示に従い、正しく使うことが重要です。

うがいはインフルエンザに効果なし!?

ここまでうがいについての効果について解説してきましたが、じつはインフルエンザにおいてはうがいに効果があるかはっきりしたことは分かっていません

実際に厚生労働省のインフルエンザ予防の呼びかけには、予防接種やマスク、手洗いについては示されているものの、うがいに関してはとくに励行されていません

インフルエンザ啓発ポスター(出典:厚生労働省)

理由としては、インフルエンザウイルスはのどの粘膜に付着してから数分〜20分以内に洗い流さなければ体内に侵入してしまうため、数分おきにうがいで洗い流すという方法は現実的ではないことなどが挙げられます。

つまり現在のところ、うがいがインフルエンザに有効であるという立証ができていない、ということ。

とはいえ、冬はインフルエンザだけでなく風邪も流行るため、風邪予防もかねて手洗いとうがいをおこなうとよいですね。

うがいができない子どもはどうすればよい?

まだうがいをするのが難しい小さな子どもは、こまめに水やお茶を飲ませることで、うがいの代わりとしましょう。

水分を飲んでしまうと、細菌やウイルスも一緒に体内に入ってしまうのでは? とお思いかもしれませんが、ウイルスは胃に入り、胃酸によって殺菌されるので心配ありません

もちろん大人も、こまめに水分を摂ることで同じように効果が得られます。

とくに緑茶を飲むことは、2010年の静岡県立大学薬学部と社会福祉法人白十字会との共同研究で、インフルエンザ予防の効果があるとの結果が発表されています。

緑茶に含まれるカテキンとテアニンがインフルエンザの発症を減少させる効果があるとの結果なので、ペットボトルのお茶などでも手軽に予防ができそうですね。

鼻うがいも効果的!

花粉症や副鼻腔炎(蓄膿症)に効果があるといわれている鼻うがいですが、風邪予防にもおすすめです。

やり方は、片方の鼻から生理食塩水(約0.9%の食塩水)を注入し、もう片方の鼻から出すというもの。

冷たい水でおこなってしまうと鼻の奥がツーンとなってしまうので、37℃程度の人肌の温度で食塩水を作りましょう。

一度沸騰させたお湯で作る、作りおくことができず毎回作らなければならないなど、他にも面倒な点も多いことから、市販の鼻うがいアイテムを利用するのもおすすめです。

また鼻うがいのやりすぎは負担が大きいので、1日2回程度にとどめておきましょう。

まとめ

これまでうがいを何となくやっていませんでしたか?

しかし、正しいうがいの方法を意識しておこなうことで、より高い効果が得られ、風邪予防につながります。

普段の風邪予防のうがいは水で十分に効果が得られるので、毎日手軽にできますよね。

また、うがいができない子どもだけでなく、大人もお茶などの水分を積極的に摂ることで、インフルエンザや風邪などの予防につながります。

こまめなうがいや手洗い、水分摂取を心がけ、体調管理に気をつけたいですね。