Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

口腔内乾燥症(ドライマウス)の対策は?症状が長引くなら受診を!

夜中に口が乾く、乾いたものが食べにくい、口の中がネバネバする、といった症状が続いているなら、それは口腔内乾燥症かもしれません。

一般的には「ドライマウス」という名前の方がなじみ深いかもしれませんね。

口の中が乾くくらい大したことないと、あなどってはいけません。

症状を放置しておくと、日常生活にさまざまな障害をきたしてしまいます。

今回は、口腔内乾燥症の詳しい症状や原因、自分でできる対策について解説します。

口腔内乾燥症の症状

口腔内乾燥症の初期には、おもに以下のような症状が挙げられます。

  • 口や舌が乾く
  • 口の中がねばつく
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 口臭

症状が進行すると?

初期症状が進行していくと、以下のように口腔内乾燥症がさらに重症化していってしまいます。

虫歯や歯周病が起こりやすくなる

唾液には口の中を殺菌するはたらきがあります。

そのため、口腔内乾燥症により口の中の唾液が減ってしまうと、虫歯菌などが繁殖しやすい状態に。

虫歯や歯周病、歯槽膿漏、ひどい口臭などの口腔内のトラブルに発展しやすくなってしまいます。

食事が摂れない、嚥下障害

口の中の乾燥により舌のひび割れが引き起こり、痛みで食事を摂ることが難しくなってしまいます。

また唾液量が低下することで、食べ物の塊が飲み込みにくくなる嚥下障害を引き起こしてしまうなど、口腔内乾燥症では食事にまつわるトラブルの発生も少なくありません。

味覚異常

口の中の乾燥が長く続くことによって、舌の味を感じる部分である味蕾(みらい)が傷ついてしまうと、味を感じにくくなる味覚異常につながります。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは、本来なら胃へ流れるはずの食べ物や唾液が、誤って気管や肺へ流れてしまい、口の中の菌が肺の中に入り込み炎症を起こしてしまう病気のことです。

口腔内乾燥症によって口の中に細菌が増えた状態だと、誤嚥により肺へ細菌が多く入り込んでしまう誤嚥性肺炎を引き起こし、場合によっては死に至ってしまうこともあります。

口腔内乾燥症の原因

さまざまなトラブルを引き起こす口腔内乾燥症ですが、いったいどのようなことが原因なのでしょうか?

口腔内乾燥症を引き起こす原因はひとつではなく、さまざまです。

疾患

口腔内乾燥症は、なんらかの疾患に伴う症状の場合もあります。

糖尿病

糖尿病では、糖の排出に伴って大量に水分も排出されてしまい、脱水状態になることで口の乾きを感じることがあります。

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは、とくに40〜60代の女性に多く見られる膠原病の一種です。

目や口、皮膚など全身の乾燥感を主な症状とするため口腔内乾燥症を発症しやすくなります。

腎不全

腎不全では、人工透析の際に体内の余分な水分が排出されるため脱水しやすく、口腔内乾燥症の症状につながる場合もあります。

更年期障害

唾液腺は性ホルモンの影響を受けるため、急激に女性ホルモンが低下する更年期には、唾液の分泌量も低下してしまいます。

また更年期には自律神経も乱れやすいことから、口腔内乾燥症になりやすいと考えられます。

薬の副作用

口腔内乾燥症は、服薬中の薬による副作用の場合もあります。

処方された薬を飲んで、口の乾きを感じた経験がある方も多いのではないでしょうか?

抗うつ剤や鎮痛剤、一部の風邪薬や抗ヒスタミン剤、血圧降下剤や花粉症の薬など、さまざまな薬が口の乾きの副作用を引き起こすことがあります。

加齢による筋力の低下

一般的に年齢を重ねると口腔内乾燥症になりやすいと言われますが、それは加齢とともに筋力が低下してしまうことも一因です。

唾液は、筋肉の働きによって唾液腺を刺激することで出てきますが、筋力が弱まると刺激する力も弱くなり唾液が出にくくなり、口腔内乾燥症を発症しやすくなってしまいます。

ストレス

普段の生活の中でも、強く緊張するようなストレスがかかると、ドキドキして口が乾いてしまうことがありますよね。

ストレスは自律神経の乱れを生じさせ、交感神経優位の状態が続き、唾液が十分に分泌されにくくなってしまいます。

そのため、ストレスを感じる状態が長く続くと、慢性的に口が乾き、口腔内乾燥症となってしまうことも少なくありません。

飲酒や喫煙

飲酒は全身を脱水状態に導きやすく、喫煙は交感神経に影響し唾液の分泌を減らし、口腔内乾燥症の原因となることもあります。

口呼吸

鼻炎や鼻づまりによって口呼吸になってしまったり、普段から口呼吸が習慣化してしまったりすると、唾液が蒸発してしまい、口腔内乾燥症を招きやすくなってしまいます。

自分でできる口腔内乾燥症の対策

口腔内乾燥症は、病気が原因の場合にはその病気を治療することがまず第一の対策です。

また薬の副作用が原因なら、薬の種類の変更や減量などを検討する必要があります。

しかし生活習慣や加齢が原因の場合、すぐ根本的に解決することは難しいため、生活改善や対症療法が大切です。

ここでは口腔内乾燥症を改善するために心がけたい対策について解説しましょう。

こまめな水分補給

口の乾きを感じたらすぐに水分補給できるようにしておき、口の中のうるおいを保つようにしましょう。

ペットボトルの水を携帯したりマウス用の保湿スプレーを持ち歩いたり、冬には部屋の加湿対策も忘れずにおこなうことが大切です。

唾液腺マッサージ

口腔内乾燥症に効果的なのが唾液腺を刺激する「唾液腺マッサージ」です。

口の周りにある3つの唾液腺をマッサージすることで刺激されて、唾液が出てくるのを感じられます。

いずれも強く押しすぎず、5〜10回程度を目安に優しく刺激しましょう。

耳下腺(じかせん)

耳たぶの少し前方、上の奥歯のあたりを指全体で回すように優しくマッサージ。

顎下腺(がっかせん)

顎の骨の内側を耳の下から顎の先まで優しく押すようにマッサージ。

舌下腺(ぜっかせん)

顎の先の内側、舌の付け根の真下部分を押し上げるように親指で押すようにマッサージ。

口腔ケア用品の見直し

普段使っている歯磨き粉の成分(ラウリル硫酸ナトリウムなど)やマウスウォッシュ液に含まれるアルコールは、口の中の乾燥を招きやすく使用の際には注意が必要です。

口腔ケア用品を選ぶ際には、口腔粘膜を刺激しない優しいタイプを選ぶようにしましょう。

規則正しい生活

唾液の分泌には、自律神経が大きく関わっています。

自律神経のバランスを保つためには、規則正しい生活は非常に大切です。

飲酒や喫煙も自律神経に影響するため、できるだけ控えるようにしましょう。

鼻呼吸を心がける

普段から口呼吸になっているなら、意識して鼻呼吸を心がけるようにしましょう。

鼻炎や鼻づまりなどの疾患が原因なら、できるだけ早く耳鼻科を受診して治療することが大切です。

また睡眠中の口呼吸を防ぐためには、夜間口呼吸防止テープを唇に貼って寝ると唾液の蒸発を防げます。

舌のストレッチ

先ほど挙げた唾液腺マッサージの他に、舌のストレッチも唾液分泌を促します。

以下のようなストレッチが効果的です。

  • 舌を突き出したり引っ込めたりする
  • 舌を前に出して、上下左右に動かす
  • 舌で頬の内側を押して飴玉をつくる

保湿ケア

水分補給を増やす、うがいをこまめにする、マッサージやストレッチをおこなうなどしても、なかなか改善がみられないなら、保湿剤を使った保湿ケアを行いましょう。

ペースト、ジェル、液状と一般的には3タイプの保湿剤が販売されています。

症状や日々の状態にあわせて使い分けるとより効果が感じられます。

乾燥がおさまらない場合には

口の中の乾燥や不快感が数ヶ月続く場合には、歯科や口腔外科、耳鼻咽喉科の医師を受診しましょう。

問診や触診、唾液量の検査などをおこない、原因を特定します。

しかし口腔内乾燥症は他の疾患が関係している場合も少なくありません。

その場合には、それぞれの医科と連携して治療をおこなう必要があります。

たとえば高血圧の場合には循環器内科、鼻づまりや鼻炎は耳鼻科で、といった具合に、原因となる疾患の治療と並行して、口腔内乾燥症の治療をおこないます。

まとめ

口腔内乾燥症によって唾液が少なくなると不快な症状があらわれるだけではありません。

食事をしにくい、食事をおいしく感じられない、会話を楽しめないなど、口腔内乾燥症は普段の生活から楽しみを奪ってしまいます。

それだけでなく、重要な疾患が隠れている場合もあるので、症状が長引くようならできるだけ早く治療を受けることをおすすめします。