Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

麻しん(はしか)の原因と症状、治療法とは?感染予防するにはどうすべき?

麻しん(はしか)は、かつては春から初夏にかけて毎年流行していた病気です。

誰でもかかる珍しくない病気で、子どものうちにかかっておけば免疫を獲得できるから大丈夫、と思われていました。

しかし本来は、麻しんによって死亡したり重篤化したりする可能性もあり、あなどってはいけない病気です。

今回は、麻しんについて原因や症状、正しい予防法などについて解説します。

麻しんの原因

麻しんとは、麻しんウイルスに感染することによって引き起こされる、急性の全身感染症です。

ヒトからヒトへ非常に極めて強い感染力を持ち、1人の発症者から12〜14人に感染させるといわれています。

インフルエンザでは1人の発症者から1〜2人への感染といわれているので、その感染力の強さが分かりますね。

感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、麻しんの免疫がない人が感染すると、90%以上の高確率で発症します。

麻しんの症状

麻しんの感染後、約10〜14日ほどで、発熱や咳、鼻水などの風邪のような症状が現れます。

2〜4日ほど続き、発症1日前からこの時期がもっとも周囲への感染力が強い時期です。

また、この時期は発疹があらわれる前なので、医師も麻しんかどうかの診断も難しく、病院を受診しても風邪薬の処方のみとなることも少なくありません。

その後、39℃以上の発熱などのつらい症状とともに、全身への赤い発疹が広がります。重症化することも多く、入院しなければならない場合もあります。

3〜4日ほど症状が続き、回復期を経て発疹が消えていきます。

しかし、回復後しばらくは抵抗力が低い状態が続き、他の感染症などにかかりやすいので、手洗いうがい等の徹底が必要です。

学校保健安全法では、解熱後3日間経過までは出席停止とされています。

合併症を起こすリスク

麻しんにかかると、合併症を引き起こす可能性も多くあります。

肺炎や中耳炎といった合併症の他にも、1,000人に1人の割合で脳炎を発症したり死亡したりすることもあります。

また、数〜10万人に1人という低い割合ですが、乳幼児期に麻しんに感染すると脳内にウイルスが入り込み、数年の潜伏期間の後、亜急性硬化性全脳炎と呼ばれる難病にかかることもあります。

徐々に脳の機能が低下していき、寝たきりになってしまう症状で、その多くが学童期に発症する痛ましい病気です。

妊娠中に麻しんにかかると?

妊娠中は、普段よりも抵抗力が弱いため、麻しんにかかると重症化したり、合併症を引き起こしたりすることがあります。

また、流産や早産のリスクも高まります。麻しんにかかった妊婦の約30%に流産や早産が見られ、その多くが妊婦に発疹があらわれてから2週間以内に起こっています。

麻しんの症状が軽い人もいる?

麻しんに対する免疫を持ってはいるけれど十分ではない場合、典型的な麻しんの症状よりも軽い症状があらわれることがあります。これを、「修飾麻しん」と呼びます。

特徴は、潜伏期間が長い、高熱がでない、発熱期間が短い、発疹が手足のみ、など。

感染力は弱いものの、周囲へ感染することもあるので注意が必要です。

麻しんの治療法

麻しんへの有効な治療法は、未だありません。あらわれる症状に対しておこなう対症療法のみです。

家庭での対策としては、発熱で大量の汗が出るので、こまめな水分補給を心がけましょう。

また、熱が高いときは布団で体を温めすぎず、氷枕などを使いましょう。

合併症を引き起こすこともあるので、症状の経過にも注意が必要です。

呼吸が苦しそうなときや発疹が出てから4日を過ぎても熱が下がらない、意識がはっきりしないなどの場合には、速やかに医師に相談するようにしましょう。

麻しんを予防するには

麻しんは極めて感染力が強いため、手洗いマスクだけでは予防できません。

麻しんワクチンの予防接種がもっとも効果的です。

1回のワクチン接種で約95%の人が、2回の接種で約99%の人が免疫を獲得できると言われています。

緊急対策として、麻しんにかかった人に接触してすぐの場合には、72時間以内に麻しんワクチンを接種することで、発症を防いだり症状を抑えたりすることが期待できます。

合併症や重症化リスクの高い乳幼児の場合には、接種を検討することをおすすめします。

また、接触後5〜6日以内であればガンマグロブリンの注射を受けることで発症を抑えられる可能性がありますが、副作用のリスクもあるため、必要な場合には、医師にしっかりと相談することが大切です。

ワクチンを受けるべき人は?

麻しんワクチンは、MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)として、1歳児と小学校入学前(年長)が定期接種対象者です。

平成2年4月2日以降に生まれた人は、定期接種として2回のMRワクチン接種が受けられるようになりました。

しかし、それ以前に生まれている場合には、1回の接種のみがほとんどで、免疫が強化されておらず、経過年数とともに免疫も弱くなっている場合も少なくありません。

接種が1回のみの医療従事者や学校、保育、福祉関係者、流行国への渡航者などは、ワクチン接種の検討を医師とともに考えることが必要です。

ワクチンを受けられない人もいる?

ワクチン接種で予防できる麻しんですが、妊娠中の女性はお腹の赤ちゃんへ影響する場合があるため、接種することができません。

また、ワクチン未接種で妊娠を考えているなら、早めに接種することをおすすめします。ただし、接種後2ヶ月は、避妊が必要なので注意しましょう。

家族に妊婦がいるなら、家庭内に麻しんが持ち込まれるのを防ぐためにも、家族がワクチンを受けることも必要です。

麻しんのワクチンは受けるべき?

麻しんは珍しい病気ではないため、今でもワクチンを接種するよりも自然にかかって免疫を獲得する方がよいと考える人も多くいます。

しかし実際は、死に至ることもあり、合併症により重症化し、後遺症が残ることもある怖い病気です。

確かに、ワクチン接種による副作用のリスクもありますが、自然に麻しんにかかった場合のリスクに比べると、遥かに少ないものです。

麻しんを唯一予防する方法として、ワクチンをきちんと接種するようにしましょう。

麻しんにかかったかも、と思ったら?

発熱、発疹など、麻しんかもしれないと思う症状が出た場合には、まず受診しようとしている医療期間に電話で相談し、指示を仰ぎましょう。

受診の際にも、周囲への感染を防ぐために、公共交通機関の利用は可能な限り避けます。途中でコンビニなどにも立ち寄らないようにしてください。

麻しんはまだ流行っているの?

日本国内での麻しんの発生状況は、以前に比べて大きく減少しました。それは、ワクチンの定期接種化などによる成果です。

その結果、平成27年にWHO西太平洋事務局は、日本に土着の麻しんウイルスは過去3年に渡って存在してないとして「麻しんの排除状態にある」と認定しました。

しかし、平成30年4月、海外からの旅行者により沖縄で麻しんの集団感染が発生。

国内は麻しんの排除状態であっても、海外では未だ麻しんが流行している国も多くあり、持ち込まれる可能性は低くはありません。

外国との交流が密になるほど、麻しんをはじめとする感染症に対するリスクも生じてしまいます。

しかし、もし海外からのウイルスに接触しても、ワクチン接種を正しく済ませていれば、高い確率で感染することはありません。

東京オリンピックなど、これからさらに海外との交流が盛んになっていくことも考えられるため、麻しんをはじめとする感染症のワクチン接種は重要となります。

まとめ

ひと昔前は、「近所の子どもが麻しんにかかると、免疫をつけるためにみんなでもらいに行っていた」などということもありました。

しかし、麻しんは子どものかかる感染症の中でも重いもののひとつ。免疫を獲得するために麻しんに感染して、重症化したり後遺症が残ってしまったりしては元も子もありませんよね。

1歳になったらなるべく早く第1期のMRワクチンを接種し、小学校入学前にも忘れずに第2期の接種を受けましょう。

また、接種状況が分からないという方は、自分の母子手帳を確認してみることをおすすめします。

麻しんくらい大丈夫、と甘く見ずに、しっかりとワクチン接種で予防することが大切です。

シェアする

フォローする