Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

インフルエンザの症状や治療、予防方法は?ワクチン接種についても正しく知っておこう

毎年冬の足音とともにやってくる、インフルエンザの流行。

小さいお子さんやご高齢の方がいらっしゃる家庭では、毎年感染に不安を覚えているケースも多いのではないでしょうか?

しかしインフルエンザへの理解を深め、予防法や正しい知識を身につけていれば、万が一感染した場合にも適切な行動をとることができます。

今回はインフルエンザをテーマに、症状や検査・治療法に加え、ワクチンの予防接種について詳しく解説しましょう。

インフルエンザの症状や経過は?

インフルエンザは「インフルエンザウイルス」に感染して起こる感染症です。

例年12〜3月に流行し、約1,000万人が感染するといわれています。

1〜4日の潜伏期間を経て、喉の痛みや咳といった呼吸器の症状に加え、38℃を超える高熱、全身のだるさ、食欲不振などの強い全身症状が急速にあらわれるのが特徴です。

また頭痛や関節痛、筋肉痛なども多くみられます。

合併症として気管支炎や中耳炎を引き起こしたり、子どもは急性脳症(インフルエンザ脳症)、高齢者や免疫力が落ちている人では重症肺炎となるケースもあるため、注意が必要です。

また妊娠中やぜんそくなどの基礎疾患がある場合にも重症化しやすいため、十分に注意しましょう。

インフルエンザの型によって症状が異なる

インフルエンザにはA、B、Cの3つの型があり、流行を引き起こすのはA型とB型です。

C型に関しては、多くの人が免疫をもっており、かかったとしても非常に軽症ですむ場合がほとんど。

インフルエンザに感染したと気づくことはあまりなく、鼻風邪かなといった程度の症状です。

一方、症状がひどく、悪化しやすいのがA型です。

いわゆる一般的なインフルエンザの症状があらわれるタイプですね。

毎年ウイルスの形を変えて進化するため、免疫が獲得しにくく、世界中で流行します。

B型は、A型ほど強い症状を引き起こすことはあまりありませんが、下痢やお腹の痛みなどの症状が出やすいことが特徴です。

インフルエンザかなと思ったら検査を

高熱や倦怠感、寒気などが急にあらわれ、いつもの風邪と様子が違うなと感じたら、医療機関を受診し、検査をおこないましょう。

一般的におこなわれているのが「迅速抗原検出キット」を使った検査です。

長い綿棒を使って鼻や喉の奥から粘液を採取し、キットを用いて検査すると5分ほどで感染しているかどうかや、インフルエンザの型まで調べられます

しかし、症状が出てすぐの段階の検査では、感染していても陽性の結果が出ない場合もあります。

検査のタイミングは、症状が出てから12〜48時間がベストです。

インフルエンザの治療法

インフルエンザにかかると、症状を和らげる解熱剤や咳止め薬、去痰剤などに加え、タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬が処方されます。

症状が出てから48時間以内の服用でウイルスの増殖を抑え、発熱の期間を1〜2日ほど短縮、鼻や喉から排出されるウイルスの量を減らす効果があります。

しかし症状が出てから48時間を超えて服用を開始した場合には、あまり効果は期待できません。

また薬の種類によって、用法や用量、服用する期間などは異なります。

症状が出てからどの程度時間が経っているか、症状の重さなどに合わせて処方されるため、医師の指示に従って正しく服用することが重要です。

こんな症状があらわれたら注意を!

次のような症状があらわれた場合には、すみやかに病院を受診しましょう。

このほかにも、普段と違う不安な症状がある場合にも、早めに病院へ相談することをおすすめします。

小児の場合

  • 手足を突っ張る、がくがくする、眼が上を向くなど、けいれんの症状がある。
  • ぼんやりしていて視線が合わない、呼びかけに答えない、眠ってばかりいるなど、意識障害の症状がある。
  • 意味不明なことを言う、走り回るなど、いつもと違う異常な言動がある。
  • 顔色が悪かったり(土気色、青白い)、唇が紫色をしている。
  • 呼吸が速かったり(1分間に60回以上)、息苦しそうにしている。
  • ゼーゼーする、肩で呼吸をする、全身を使って呼吸をするといった症状がある。
  • 「呼吸が苦しい」、「胸が痛い」と訴える。
  • 水分が取れず、半日以上おしっこが出ていない。
  • 嘔吐や下痢が頻回にみられる。
  • 元気がなく、ぐったりしている。

成人の場合

  • 呼吸困難または息切れがある。
  • 胸の痛みが続いている。
  • 嘔吐や下痢が続いている。
  • 3日以上発熱が続いている。
  • 症状が長引いて悪化してきた。

引用:シオノギ製薬「インフルエンザ − インフルエンザへの理解を深め、正しい知識や予防法を身につけましょう!」

インフルエンザを予防するには?

それでは、インフルエンザを予防するためにはどんな方法が効果的でしょうか?

外出後の手洗いなど

外から帰ってきたら、手指についたウイルスを手洗いでしっかり落としましょう

アルコールを使った消毒も効果的です。

部屋の湿度や温度を適度に保つ

加湿器や暖房などを上手に利用して、部屋の気温は20℃以上を、湿度は50〜60%ほどに保つようにしましょう。

インフルエンザウイルスは高温多湿の状態を嫌い、湿度が50%を超えると空気中のウイルスの量が大幅に減少し、感染力が下がります。

部屋ごとに温湿度計を用意しておくとよいですね。

ただし、電気ストーブやエアコンなど暖房の種類によっては、乾燥を促進してしまうものもあるので注意しましょう。

また、部屋の湿度が低い状態では、喉や鼻の粘膜も乾燥してバリア機能が低下してしまいます。

マスクを着用して、喉や鼻の粘膜の乾燥を防ぐのもおすすめです。

人混みを避ける

インフルエンザの流行期には、人混みや繁華街へ出かけるのをできるだけ避けましょう

とくに高齢者や基礎疾患のある方、妊娠中の方などは注意が必要です。

休養と栄養を十分にとる

インフルエンザウイルスに負けないために、バランスのよい食生活を心がけ、睡眠や休養もたっぷりとるようにしましょう。

「インフルエンザに効果的!」といわれる食材ばかりではなく、さまざまな栄養をバランスよく摂ることが大切です。

インフルエンザワクチンがもっとも効果的な予防方法

インフルエンザを予防するもっとも効果的な方法は、ワクチンの予防接種です。

しかし「打っても効かない」など誤った知識を持っている方も少なくありません。

ここではインフルエンザのワクチン予防接種に関する疑問について解説しましょう。

ワクチン接種のベストなタイミング

インフルエンザワクチンは接種してすぐに効果があらわれるわけではなく、接種後2週間ほど経ってから必要な免疫がつくられます。

そのため、11月中には接種を終えて、流行し始める12月には免疫をつくっておくのがベストなタイミングといえるでしょう。

多くの医療機関では10月初旬からワクチン接種を始めるので、2回接種する必要のある子どもの場合には、1回目の接種を10月中には終えておくのが理想ですね。

1回接種の成人であれば、11月のうちには接種を終えておきたいものです。

とはいえ、タイミングを逃したから打たないというのではなく、本格的に流行し始める前に接種しておきましょう。

子どもも1回のワクチン接種でOK?

13歳以下の子どもは2回のワクチン接種が必要です。

これは、子どもは生まれてからの年月が短く、インフルエンザウイルスに対する免疫が少ないため

接種の回数を増やして、免疫を強くしているというわけです。

1回の接種ではまったく効果がないわけではありませんが、重症化や合併症を防ぐためにも2回接種するようにしましょう。

ワクチン接種してもインフルエンザにかかることはある?

「ワクチンを接種したけどインフルエンザにかかった」という話を聞くことも少なくありません。

確かにワクチン接種したからといって、インフルエンザに絶対に感染しないわけではないことも事実です。

インフルエンザワクチンは、前年の流行をみて今期に流行するであろうウイルスの型を予測してつくられるため、どうしても完璧に防ぐ事はできません

しかし、それでもまったく予防効果がないわけではなく、一定以上の効果はあるとされています。

また、これまでワクチンを接種したことのない人がインフルエンザに感染すると、免疫がないため、重症化するケースもみられます。

発症だけでなく重症化や合併症を防ぐという役割も大きく、とくに小さい子どもや高齢者などは接種することをおすすめします。

ワクチンの予防効果はどれくらい続く?

ワクチンの予防効果は約6ヶ月といわれています。

去年打ったから大丈夫というわけではなく、予防のためには毎年接種することが大切です。

ワクチンの副反応や副作用は?

インフルエンザウイルスの接種後、接種した部分の発赤やかゆみ、腫れ、痛みなどの副反応があらわれることがありますが、通常2〜3日ほどで消失するので心配はいりません。

ほかにも発熱やだるさ、頭痛、寒気といった全身性の副反応があらわれる場合もありますが、こちらも通常2〜3日ほどでなくなります。

ごくまれに、ショックやアナフィラキシーといった重篤な副反応があらわれることもあります。

しかしワクチンとの因果関係が明らかであるケースは少なく、インフルエンザに感染して重篤化や合併症を引き起こすおそれに比べて非常に低い確率です。

インフルエンザにかかったら?

インフルエンザに感染したら、安静にしてしっかりと休養と睡眠をとることが重要です。

発症から3〜7日はウイルスを排出しているため、外出はできるだけ控えましょう

周囲への感染を防ぐため、マスクの着用もおすすめします。

インフルエンザによる異常行動

インフルエンザに感染すると、急に走り出す、部屋から飛び出す、ウロウロするといった異常行動がみられるケースがあります。

とくに就学時以前の子どもや未成年の男子には重度の異常行動がみられることもあり、ごくまれですが、階段などからの転落事故等も報告されています。

高層階の住居の場合は部屋にしっかり施錠する、ベランダに面していない部屋で休ませる、一戸建て住宅の場合にも、1階の部屋で休ませるなど気をつけるようにしましょう。

とくに発熱から2日間に異常行動がみられることが多いため、この期間は注意しておきましょう。

まとめ

身近なインフルエンザですが、感染すると高い熱やだるさなど、普通の風邪に比べてつらい症状があらわれます。

場合によっては重症化や重い合併症を引き起こすこともあり、とくに子どもや高齢者など抵抗力が弱い人には注意が必要です。

インフルエンザワクチンの接種をはじめ、しっかりと予防しましょう!

シェアする

フォローする