Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

たかが加湿、されど加湿

そろそろ冬支度を始めるご家庭も多いのではないでしょうか?

そんな冬支度にご準備していただきたいものの一つに加湿があります。

よく聞く冬の乾燥。乾燥って怖いのです

空気が乾燥していたり、十分な水分が取れていないと、鼻や喉が乾燥してしまいます。

鼻や喉が乾燥してしまうと、イガイガしたり、痛みがあったり、咳や痰が絡む原因となってしまいます。

鼻や喉は粘膜に覆われており、空気中の雑菌やウイルスが体内に侵入するのを防いでいますが、乾燥して粘膜を覆っている粘液が固まってしまうと本来の体を守る免疫機能が低下するので、細菌やウイルスが体内に侵入し感染しやすくなるのです。

まさに空気が乾燥するこの季節かぜやインフルエンザなどの感染症が流行ってしまう原因なんです!

乾燥を防ぐためには加湿が重要になるのです。

乾燥を防ぐ加湿対策とは

①マスク

おすすめの手軽な対策としてはマスクです。

マスクは感染予防だけでなく加湿面でもメリットがあるのです。

マスクを着用すれば吐息によりマスク内の湿度が高くなり、その空気を吸い込むことで

鼻や喉の乾燥が防げるという効果があるのです。

マスクの中に一枚濡れたガーゼなどをいれるとより効果的です。

②加湿器

お部屋全体の加湿となるとやはり加湿器です。

ひと昔に比べて加湿器の種類も増えてきましたね。

湿度の目安としては50~60%を保つのが効果的だそうです。

高すぎる湿度はダニやカビの原因になってしまいますので、湿度管理が大切になります。

かぜなどの予防に手洗い、うがい、それともう一つ加湿もお忘れなく!

③その他

マスクは花粉症の時、風邪を引いた時だと思ってた方には「加湿」という利用は、あらたてめ言われてみれば、という内容だったのではないでしょうか?

加湿器もオススメですが、種類が豊富で迷いますよね。

最後に、その他の部屋の加湿方法もご紹介しておきます。

  • 洗濯物を部屋に干す
  • 観葉植物を置く
  • 洗面器・コップに水を入れて置いておく
  • 濡れタオルを干す
  • 霧吹きで水を部屋にまく
  • 鍋(料理)をする
  • 風呂のドアを開けておく
  • 石油ストーブやファンヒーターをつける
  • フローリングを水拭きする
  • 熱帯魚などを水槽で飼う

湿度の上げすぎには要注意。

夏であれば温度は26度前後で湿度は50~60%まで、冬は温度が19度前後で湿度は50~60%と言われています。

つまり、夏と冬では快適に感じる温度が多少違いますが、湿度は常に50%を目安にしておくことをおすすめします。

最後に、湿度を上げすぎると窓ガラスに結露がついたりしてカビの原因にもなりかねません。

上手に湿度を調節して、快適な冬を過ごしましょう。