Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あだち耳鼻咽喉科

順番受付

夏に流行するやっかいな風邪について

もうすぐ子ども達は夏休みですね!
海やプールなどの水遊び、キャンプや昆虫採集など、、、楽しいことがいっぱいで待ち遠しいというお子さまも多いのではありませんか?

子ども達に元気に満喫してもらいたい季節ではありますが、この時期に流行する『夏風邪』といわれるやっかいな風邪があります。

今回は夏風邪についてお話します。

夏風邪の3大症状

夏に流行する夏風邪症状の原因に、ヘルパンギーナや手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)がよく知られています。
いずれも、夏の暑さや湿気を好んで活動するウィルスたちです。

  • ヘルパンギーナ 口の中に水疱ができるのが特徴です
  • 手足口病 口の中や、手のひら、足のうらに発疹や水疱があらわれます
  • 咽頭結膜熱 咽頭の発赤や目の充血などが起こります

夏風邪への対処法

へルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)、いずれも、発熱とのどの痛みから脱水症状になりやすいので、水分の補給が重要です。

また、感染の拡大を予防するために、手洗いやうがいをすることはもちろんですが、マスクをしたり、感染者とのタオルなどの共有をやめる工夫も必要です。

残念ながら夏風邪に対する特効薬はありませんが、お薬で症状を抑える方法はありますので、早めに病院にかかることが大切です。